閉じる
閉じる
閉じる
  1. 小林陵侑の彼女が気になる!兄弟もイケメン!?W杯優勝で覚醒と話題に!
  2. 八木優希の子役時代と現在の出演作は!?出身高校や大学はどこ!?
  3. 高橋惠子の夫や子供(娘、息子)孫は!?昔の駆け落ち相手とは!?
  4. 吉川愛の子役時代と現在!大学や出演ドラマは!?岡田将生がまじ告白!
  5. 玉川徹の結婚歴や妻は!?長嶋一茂とのバトルでテレ朝役職が判明!
  6. 河村花の高校や水着画像は!?地元CMでかわいいと話題に!
  7. 矢野未希子が旦那矢嶋健二と離婚!?子供は?元彼はロンブー淳!
  8. 志穂美悦子と長渕剛の子供画像!娘は女優で息子は歌手!?現在は!?
  9. 上林愛貴(ミスモンゴル)が豊本と結婚&出産!浮気・子宮癌を乗り越え逆プ…
  10. 平松愛理の臭いや現在がアウト!?旦那との離婚理由や乳がんのその後は!?…
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

高良健吾の演技が上手い!!気になる彼女との結婚はもう間近か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!やーまんです。

今日は話題の月9「いつ恋」の主演でもお馴染みの高良健吾さんについて、紹介します!

なんといっても、この人の魅力は演技力だと私は思います。

結構コアな役が多い気がしますが、まぁヤンキーから、好青年など、どんな役でもこなしてしまうカメレオン俳優という通り名がついてしまうほど、その演技力に定評がある方です。

―若手きっての実力派俳優、高良健吾。カメレオン俳優や憑依型俳優などと評され、変幻自在にその役柄に魂を落とし込む。彼を起用したがる映画監督は後を断たない。

引用:http://matome.naver.jp/

映画監督も起用したがる、そんな魅力的なオーラを放ちまくっている高良健吾さんを存分に紹介していこうと思います!

 

プロフィール・出演作品

高良健吾

出典:http://www.tencarat.co.jp

プロフィール

生年月日:1987年11月12日

出身地:熊本県

血液型:O型

身長:176cm

趣味:陶芸、スカイダイビング

 

主な出演作品

映画

・蛇にピアス
・ソラニン
・軽蔑
・横道世之介
・悼む人
・きみはいい子

ドラマ

・花燃ゆ

・おひさま

・まほろ駅前番外地

・いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

 

・・・その他もろもろ!!ありすぎて紹介しきれんw

ここもっと知りたい人はwikiってくれると助かりますwごめんなさいm(_ _)m

→wiki情報はこちら

 

 

そん中でも、映画「ソラニン」では、実は高良健吾さんは、宮崎あおいさんの大ファンで、共演した時は、めっちゃ緊張してほとんど覚えてないそうですw

有名な代表作「蛇にピアス」では体中にタトゥーを入れて、15個のピアスを開けている役柄として話題になったけど、これは全てメイクでなんとかしたそうです。

20111216230004a12

koura4

どう見てもリアルなタトゥーにピアスやん!!現代のメイク技術恐るべし!!

 

スポンサーリンク

 

気になる彼女は?

はい、女性ファンの気になるところでしょうが、実際にどうなのでしょうか?

吉高由里子井上真央堀北真希橋本愛など出演者との噂もありましたが、あくまで噂に過ぎず可能性としては低いです。

その中では、橋本愛さんがお互い演技派役者としてお似合いだな~という私の個人的見解は置いといて、

実際に熱愛の可能性が高い2人の人物がいます。

今村美乃

w09-3679-160114

出典:http://talent.yahoo.co.jp/

女優さんですが、この方は昔からの仲で、高良さんの高校時代から付き合っていたとかで、地元の熊本から一緒に上京してきたみたいです。

何度も復縁、別れを繰り返していたみたいですが、現在付き合ってはいないみたいです。

 

野崎萌香

Bu_P19KCAAImTI5

出典:http://matome.naver.jp

まぁまぁキレイな方ですね。この方、ファッションモデルで、現在熱愛中の彼女みたいです。

きっかけは、高良健吾さんの舞台に見に行ったのが、熱愛のきっかけだそうです。

なんでも結婚間近との噂もあり、近々結婚報道も出るかもしれませんね!!

 

 

そんな高良健吾さん、これからの出演映画、テレビでの配役だけでなく、プライベートにも注目ですね!!

なんにせよ、これからますます活躍していくことは間違いないでしょう。

これからも楽しみに出演作品を鑑賞させてもらいます♫

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る