閉じる
閉じる
閉じる
  1. 伊藤遼アナは母親や私服がヤバい!?アニメ&ジャニーズオタクで人気上昇!…
  2. 高瀬くるみは「とちおとめ25」からの出世組!?母や妹もかわいい!?
  3. 河合雪之丞歌舞伎は辞めた!?市川春猿から改名はなぜ!?父や結婚子供は!…
  4. 平岳大の父は幹二朗で結婚した嫁や子供は!?双子の妹朋子は医者!?
  5. 中村隼人(歌舞伎役者)の父母や家系図は!?出演ドラマや学歴彼女などを調…
  6. 美人画家小松美羽に結婚はあるのか!?作品の値段や販売店は!?
  7. 福地桃子の父親哀川翔は実父!?母親は再婚だった!大学(学歴)は!?
  8. 宮澤エマに結婚の噂!?熱愛彼氏とフライデーのその後は!?父母祖父が凄す…
  9. Aマッソ加納愛子がかわいいと評判!彼氏いるって本当!?ネタはつまらない…
  10. 大畑大介の結婚した嫁が美人!子供は!?高校は進学校で実家はパン屋!?
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

EXIT(芸人)兼近の元相方不祥事とJOY縁切り説とは!?逮捕理由と黒歴史を告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです。2019年一気にブレイクした渋谷系チャラ男漫才コンビ『EXIT』。お互い相方が不祥事を起こし解散に追い込まれた結果結成された異色のコンビで、兼近さんはタレントのJOYさんが”縁切り”宣言をした芸人との噂がありました。チャラそうに見えて実は真面目な所が売りだったコンビですが、9月に報じられたのが兼近さんの逮捕歴。明かされた黒歴史とは!?

スポンサーリンク

プロフィール

兼近大樹(かねちか だいき)

生年月日  1991年5月11日(28歳)

出身地   北海道札幌市

出身校   中学

身長    172cm

所属    よしもとクリエイティブ・エージェンシー

2017年に結成された漫才コンビ『EXIT(イグジット)』

出典:www.cyzo.com

チャラ男系漫才で人気上昇中で、写真右下のイケメンが兼近大樹さん。ボケ担当。

左上が相方、ツッコミのりんたろー。さんです。

元相方の不祥事とは!?


兼近さんは東京NSC19期生で、2013年に逢見亮太(おうみ りょうた)さん(31)とお笑いコンビ『ぷりずん。』を結成し、順調に活動していました。

しかし2017年5月に突然逢見さんが活動休止となり、兼近さんはピンで活動することに。

さらに同年11月、解散を発表したのです。

当時逢見さんの休止について「体調不良によるもの」としていたようですが、理由は明らかにされていませんでした。

しかし2018年7月、EXITが『ゴッドタン』に出演した際のカミングアウトでネットがざわざわ。

「(EXITは)相方の不祥事でコンビを解散した者同士」

相方の不祥事によりピンで活動していた者同士が、M-1に出場するために臨時で結成したのがEXIT(当初はSCANDALという仮コンビ名)の起源なのです。

これでピンときたのはまず、EXITりんたろー。さん。

りんたろー。さんの元相方といえば、ベイビーギャングの北見寛明さんなのです。

北見さんは2016年に無免許運転で逮捕。

それが執行猶予中の再犯であったことが発覚し、よしもとから契約を解除されていました。

現在北見さんはオフィス北野に所属し、芸能活動を再開しているようです。

では兼近さんの元相方・逢見亮太さんはどんな不祥事をやらかしたのか。

調べた所、逢見さんについては”逮捕”や”不祥事”に関する情報が出ていませんでした。

ネット上では女性絡みの問題なのでは、と言われていましたが、詳細は不明。

いずれにせよ、逮捕→解雇となった北見さんとは違い、逢見さんは活動休止→半年後にコンビ解散&ピンで復活。しています。

現在もよしもとに所属し、”美容芸人・おーみ”として活動中。

こっちもイケメン。

2018年、タイの人気モデルオーディション番組でファイナルまで進出したそうで、タイでの活躍を視野に入れている模様です。

事務所の対応の違いを見ても”不祥事”の内容がそれほど大きなものではなかったとか、和解が成立してすでに解決済みということなのでしょうか。

「ぷりずん。」解散について逢見さんは「運命!しょうがない!」と言っていました。

が、ちょっと含みも。

何があったのか不明ですが、不祥事の流れで生まれたEXITは「コンプライアンス順守!」と豪語しています。

スポンサーリンク

JOYが縁切り宣言した芸人!?


2018年12月15日、タレントのJOYさんが自身のTwitterで「後輩の某芸人とはもう縁切り」とつぶやいたことが話題になりました。

Twitterでは続いて

「ここまで人にイライラさせられたのは初」

「『あいつは絶対恩も返さないで適当になるぞ』 ずっと前からそう予言してた先輩の言葉を信じなかった自分が恥ずかしい」

「人としての筋も通せない、世話になった人をなめきってる あんないい加減な奴がこの世界で売れる可能性はゼロ」

などと激怒していて、温厚なJOYさんがこんなに強い口調で後輩を糾弾するとはよほどのことだろう、と絶縁宣言された後輩芸人探しでネットが炎上していました。

そして名前が上がったのが兼近さん。

なんとも不名誉。

兼近さん自らTwitterでJOYさんに「確認いいですか?あれはマジで俺じゃないんですよね?」とつぶやき、さらに疑惑の目が向けられることになりました。

ただ他にも安田大サーカスのクロちゃんやコロコロチキンペッパーズのナダルさんなど、多くの芸人が犯人候補になっていました。

JOYさんが実名を挙げていない為、実際の所は誰なのか不明。

騒動を受けてか、現在その時のTwitterは削除されているようです。

そして候補に上がった多くの芸人が「自分じゃないです!」と否定していて、兼近さんも報道陣が集まる場で「ネットでオレらになっていますけど、オレらじゃないですよ。イージー蓮見でしょ」と名指しで全力否定していたようです。

この会見のちょっと前に、若手芸人のイージー蓮見さんがJOYさんの言う後輩芸人なのではとの報道があり、それに便乗したと思われます。

いずれにせよ、JOYさんが激怒した後輩芸人は兼近さんでは無いようです。

逮捕理由と黒歴史を告白!


チャラい見た目や言動に反して実は真面目というキャラクターが売りで、兼近さんはベビーシッター、りんたろー。さんは介護職を副業にしていた「EXIT」。

特に兼近さんは、趣味が読書で「お酒は飲めないし、うるさい所は嫌いなので飲み会などには行かない」など徹底した真面目ぶりに加え、シングルマザーで貧乏だった家庭を支えるために高校を中退して仕事をしていたり、顔のデカさを気にしている相方りんたろー。さんの為に写真撮影の時はさり気なく前に出ているなど善良キャラでも人気を集めていました。

そのキャラを覆すような衝撃的な報道がされたのは2019年9月の『週刊文春』。

報道の内容は

・兼近大樹さんが2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていた。

・逮捕容疑は札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。

・当時、兼近さんは容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けている。

・逮捕歴について所属の吉本興業からは口止めされていた。

というもの。

この報道は世間からのバッシングを受け、レギュラー番組の出演見合わせやイベントの取りやめなど、現在も多くの影響を及ぼしているといいます。

スポンサーリンク

そして「EXIT」は2019年10月4日に放送されたTBS系『爆報!THEフライデー』に出演し、報じられた”過去の黒歴史”について初めて詳細を激白していました。

内容はこちら。

・4人兄弟の兼近大樹の父親は建設業を営んでいたが、倒産し自己破産。

両親は離婚し、兼近は母親と兄弟3人で暮らすこととなった。(一番上は父親が引き取った)

・母親は昼夜仕事に出かけて不在。貧乏で食べるものがなく、もやしはごちそうでおやつにティッシュをちぎって食べることもあった。

・またピンポンダッシュでわざと捕まり、家主の同情を仰いでおやつをもらうこともあった。

・定時制高校に通っていたが、家計の苦しさは変わらず、妹を高校へきちんと行かせたいと自分は中退し働くことを決意。

・一方で両親がいない、片親など同じような環境の友人と遊ぶようになり、”法に触れる”とわかっていても「それの何がいけないのか」という歪んだ考え方になっていった。

・ある日友人から”夜の店のボーイ”のバイトに誘われ、気軽に承諾。その仕事の一貫に「文春」で報じられた2011年11月の売春防止法違反行為が含まれていた。

・逮捕により20日間の勾留と5万円の罰金刑に処せられた。

・2012年8月、1000万円の窃盗事件での関与が疑われ再逮捕。

母親の目の前で逮捕され、家族にも辛い思いをさせた。

・10日間の勾留の後不起訴処分で釈放されたが、社会の厳しさを痛感した。

・勾留中に友人から差し入れされた物の中に又吉直樹の『第2図書係補佐』が含まれていた。

当時難しい漢字が読めず、同室の中年男性に教わりながら本を読破。「おもしろい」という感動とともに、著者の又吉直樹が芸人であることを知り、自分も同じ世界に行きたいと芸人を目指す。

・地元の悪友との関係を断ち切るため、「兼近は死んだ」という噂を自ら流し自分を抹殺して上京。

・ホームレス生活なども経験しながら、読書の世界にハマる中でこれまで自分が”普通”だと思っていた環境は世間にとっては”異常(特殊)”だったということに初めて気づく。

・芸人になり「EXIT」ととして人気が上昇するほど、「いつか外れた道を歩き続けてきた過去がバレるかもしれない」という不安がつきまとっていた。

・そういった不安から”飲み会”などは「お酒が飲めない」「うるさい所が苦手」など理由をつけて断ってきた。

・りんたろー。に自分の過去を告白し、コンビ解散を申し出たこともある。

・当時りんたろー。は「細かいことでも兼近はダメだと思ったことは絶対にしない。その理由がようやくわかった」とコンプライアンス遵守の徹底ぶりに妙に納得したという。

『週刊文春』が突撃取材をした時は遂に来たかという気持ちと隠し続けることからやっと解放されるという安堵の気持ちが入り混じり、「正直ほっとした」といいます。

また兼近さんは「過去で人を裏切って本当に申し訳ない」とも話していました。

ただ逮捕された当時兼近さんは未成年。今回の文春砲については「ショック」「裏切られた」など批判がある一方で、

「立ち直った後もたたくの?しかも全国発売の週刊誌で?何のために」「これは“知る権利”でも“表現の自由”でもない」

などと週刊誌を批判する声も少なくなく、兼近さんを擁護する声も多数上がっていました。

また相方りんたろー。さんが報道についてすぐにTwitterでコメントしたこともファンの胸を打ったようです。

兼近さん自身も

「今回の事で改めて自分の過去としっかり向き合おうと思いました。兼近は過去の法律違反を美談とする気も肯定する気もありません」

などと1000文字近い文章を投稿していました。

今回の『週刊文春』報道は「EXIT」の本質が本当に真面目で善良だということを浮き彫りにしたようにも思います。

今後は自分の半生を本に書きたいと思っているとか。

間違いなく実現するでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ


2019年、ブレイク中の芸人・EXIT兼近大樹さんでした。

週刊誌報道で仕事に大きな影響が出ているようですが、やはり過ちを犯した後どう生きてきたか、今後どう生きていくかが大切。

濃い人生を歩んでいる兼近さん。これからも波乱万丈色々ありそうですけど、きっと乗り越えていくのでしょうね。

で、最終的には作家になるのでしょうか・・・?

今後のEXITも楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る