閉じる
閉じる
閉じる
  1. 高橋惠子の夫や子供(娘、息子)孫は!?昔の駆け落ち相手とは!?
  2. 吉川愛の子役時代と現在!大学や出演ドラマは!?岡田将生がまじ告白!
  3. 玉川徹の結婚歴や妻は!?長嶋一茂とのバトルでテレ朝役職が判明!
  4. 河村花の高校や水着画像は!?地元CMでかわいいと話題に!
  5. 矢野未希子が旦那矢嶋健二と離婚!?子供は?元彼はロンブー淳!
  6. 志穂美悦子と長渕剛の子供画像!娘は女優で息子は歌手!?現在は!?
  7. 上林愛貴(ミスモンゴル)が豊本と結婚&出産!浮気・子宮癌を乗り越え逆プ…
  8. 平松愛理の臭いや現在がアウト!?旦那との離婚理由や乳がんのその後は!?…
  9. 渡辺真起子の旦那や結婚観は!?モデル時代の若い頃が美人!?
  10. 桐島かれんの若い頃や自宅が素敵すぎ!子供(娘)とユニクロ共演!?夫は!…
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

吉川愛の子役時代と現在!大学や出演ドラマは!?岡田将生がまじ告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです。吉川里琴として子役時代人気を博していた吉川愛さん。活動休止期間を経て改名し、芸能復帰を果たすとやっぱりかわいいとブレイク必至。休止や改名の理由も気になりますが、現在の活動やめちゃめちゃかわいかった子役時代も気になります。

スポンサーリンク

プロフィール

吉川愛(よしかわ あい)

旧芸名 吉田里琴(よしだ りこ)

生年月日 1999年10月28日(20歳)

出身地  東京都

身長   162cm

所属   研音

3歳で芸能界入り。

5歳の時、爽健美茶のCMでデビュー。

当時の所属事務所はムーン・ザ・チャイルド。

”天才子役”として数多くの作品に出演。

2016年4月1日、学業に専念することを理由として芸能活動の停止、引退を発表。

しかし2017年4月1日、芸名を「吉川愛」に変更し「研音」所属で芸能界復帰。同年7月期のドラマから活動再開。

吉川愛の子役時代!


3歳から16歳になるまで「吉田里琴」として芸能活動を続けていた吉川愛さん。

そのかわいさと演技力で”天才子役”と言われて注目され、数々の作品に出演していました。

昔からの根強いファンも多い。

嵐の二宮和也さんの妹”山田五子”を演じた2007年放送の『山田太郎ものがたり』(TBS系)

当時8歳くらい。目がキラッキラしてます。

2009年放送の『メイちゃんの執事』(フジ系)

かわいすぎる。

ちょっと成長した2012年放送の『リーガル・ハイ』(フジ系)には子役女優役でゲスト出演。

またドラマや映画で小池栄子さん(『花咲くあした』)・稲森いずみさん(『同級生』)・綾瀬はるかさん(『ホタルノヒカリ』『映画ひみつのアッコちゃん』)・北川景子さん(『ルームメイト』)など多くの女優の幼少期や中学生時代も演じてきました。

”聡明な女優”として美しく成長した吉川さんは業界関係者の注目度も高く、成長と共に大きくステップアップしていくだろうと思われていました。

しかし2016年16歳の時に突然の芸能界引退発表。

理由は「学業に専念するため」でした。

学業と芸能活動の両立は厳しかったようで、どうしても学業の方がおろそかになってしまうため、引退については高校受験の時から考え始めてといいます。

そして高校2年生になる前に引退を決意。

ブログでは

このことは高校の受験の時ぐらいから考え始めて、いろいろな方々に相談もしてきました。

長い間、後悔のないように自分なりによく考えて出した答えです。

私のわがままでこの様な結果になり、申し訳ございません

と綴っていました。

こうして芸能界を引退し、高校生活を満喫していたかに思われていましたが、なんと1年後に復帰!

意外と早かった。

スポンサーリンク

吉川愛の現在!


当時の引退について

「未練はないつもりでした」

と心境を語っていた吉川さん。

引退後は勉強の遅れを取り戻し、近所のパン屋でアルバイトをするなど実際に高校生活を満喫していたようです。

そんな生活に転機が訪れたきっかけは街でのスカウト。

唐沢寿明さんや天海祐希さんなど大物俳優が所属する大手芸能事務所「研音」のスタッフから声をかけられたことだったそう。

当初スタッフは吉川さんが天才子役と言われて活動していた吉田里琴とは知らずに声をかけたといいます。

「これも何かの縁かと思った。」

という吉川さんは「その空間にまた立ちたい」と強く思うようになり、芸能界復帰を決意。

芸名を「吉川愛」に変更し、イチから再スタートする気持ちで戻ってきたそうです。

実力は折り紙付きということもあり、復帰作第一弾は日本テレビ連続ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のレギュラー出演。

女子高生役で登場していました。

復帰直後の吉川さん(当時17歳)

出典:sponichi.co.jp

長く芸能活動をしていたのにこの初々しさはなんでしょう。

やはり最近の吉川愛さんの注目作といえばドラマ”はじこい”の”エトミカ”役。

大人になった吉川愛さんは演技力にさらに磨きがかかり、子役時代を知らない人達もはまりつつあります。

水着姿がかわいすぎると話題!

そして相変わらずの透明感に大人の色気を兼ね備え、再ブレイク必死と言われています。

2018年にファースト写真集「i」で水着姿を披露すると「とにかくかわいい!」と話題に。

出典:oricon.co.jp

そして2019年10月にセカンド写真集「off」を発売。

今度はぐっと大人っぽくなった表情を見せ、ファンの心を鷲掴みにしていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☺︎ 写真集オフショット② 睡眠。 (ゆっくりオフショット載せてきます、ゆるして🙄)

吉川 愛(@ai_yoshikawa_official)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

大学は!?


「学業に専念したい」と芸能活動を引退した吉川愛さん。

しばらくは大好きなパン屋でアルバイトをしたり、勉強の遅れを取り戻したりと高校生活を楽しんでいたようで、当然その先には「大学進学」という目標があったと思います。

しかし次第に心境に変化が。

テレビとか観ていて「楽しそうだな、こういうことやっていたな」と思うようになって、道を歩いているときに声をかけて下さったファンの方が「もう一回やらないんですか?」と言って下さって、「ああ、ちょっと戻りたいな」という気持ちが高まっていました。ちょうどそういう時期にスカウトして頂いたので、「もう1回やろう」と決意しました。

(モデルプレスより)

そして芸能活動復帰とともに、「大学へは進学しない」ことを決めたようです。

― それから大学など進学をせずに芸能界一本で行こうと?

吉川:そうですね。

(モデルプレスより)

現在20歳の吉川愛さんですが、高校卒業後は芸能活動一本でがんばっているようですね。

出演ドラマは!?


いつの間にか目にしていた吉田里琴さんとしての子役時代。

最近もドラマや映画で目にする機会が増え「あ、またこの子だ」と思っている人も多いのでは。

そんな吉川愛さんの最近の出演作品はこちら。

<レギュラー出演>

・愛してたって、秘密はある。(2017年7月)浦西果凛 役

・初めて恋をした日に読む話(2019年1月)江藤美香 役

・大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~ 田畑あつ子 役

・恋はつづくよどこまでも(2020年1月予定) 酒井結華 役

<単発・ゲスト出演>

・緊急取調室(2019年4月)第1話、9話、最終話北山未亜 役

・インハンド(2019年5月)第4話 源田恵奈 役

・ボイス110緊急指令室(2019年7月)第1話、2話 萩原夏美 役

・シャーロックアントールドストーリーズ(2019年11月)高遠綾香 役

映画『十二人の死にたい子どもたち』でのギャル役も話題になりましたし、最新映画『転がるビー玉』も注目です。

スポンサーリンク

岡田将生がマジ告白!


吉川愛さんは吉田里琴として活動していた2012年9月公開の「映画 ひみつのアッコちゃん」で岡田将生さんと共演。

綾瀬はるかさん演じるヒロイン”アッコちゃん”の幼少期を演じた吉川さんは、共演シーンが多かった岡田将生さんから撮影最終日に

「愛しくて愛しくてしょうがない」「一緒に住まない?何でもするよ」と熱烈なラブコールを受けたそうです。

その様子が『王様のブランチ』(TBS系)で放送され、「岡田将生にガチでプロポーズされた女優」として当時話題になっていました。

岡田将生さんにガチプロポーズされた12歳の頃の吉川さん

https://news.ameba.jp/

そのかわいさには佐藤健さんもメロメロにされていました。

かわいすぎるルックスと仕草で共演したイケメン俳優を次々と虜にしていったエピソードは今や伝説になっていました。

そのかわいさに大人の魅力が加わり、もはや無敵ですね。

当時メロメロにされた佐藤健さんとは2020年1月から放送予定のドラマ『恋はつづくよどこまでも』での共演も注目されており、ファンの間では岡田将生さんや鈴木亮平さんなど過去に共演したイケメン俳優陣との再共演が期待されています。

まとめ


注目の女優・吉川愛さんをまとめました。

・”天才子役”として注目されていた。

・現在も演技力に磨きがかかり、再ブレイク必死と言われている。

・大学へは進学しなかった。

・岡田将生や佐藤健などのイケメン俳優を虜にするほどの可愛さだった。

これからの活躍も楽しみです!

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る