閉じる
閉じる
閉じる
  1. 井本彩花の中学校はどこ!?歌はヤバイが演技は!?母親も美人!?
  2. 橋本拓也(元芸人スーパーノヴァ)が菅谷梨沙子の結婚相手!ファンから夫に…
  3. 石川香織氏(元アナウンサー)の人生は波乱万丈!?逮捕された夫や子供の現…
  4. 三宅亮輔のwiki風プロフ!出身高校や大学・彼女は!?私服がお洒落!
  5. 野々宮ミカ(ゴミ屋敷グラドル)の彼氏は!?父親が社長で実家は金持ち!?…
  6. 水上京香の水着姿や足が綺麗すぎると話題!カップや彼氏も気になる!
  7. 寿るいが才賀紀左衛門の浮気相手!?炎上モデルがまたやらかした!?
  8. 大野拓朗の母親は女優か料理研究家!?元天てれ課長は結婚してる!?
  9. 吉羽美華の離婚理由はDV!?元夫や子供、政治家としての評判は!?
  10. 大田理裟(クライミング)のWiki風プロフ!かわいい私服や水着画像は!…
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

長濱ねる炎上後も謝罪なしで性格悪いのバレた!?彼氏とのキス画像も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです。「欅坂46」専任が決定した長濱ねるさん。事務所側が本人の体調面を考慮しての決断とのことですが、多忙による体調不良だけが原因ではないのでは?と思うほど何かと話題の人でした。

スポンサーリンク

プロフィール


長濱ねる(ながはま ねる)

生年月日  1998年9月4日(19歳)

出身地   長崎県

身長    157㎝

出身校   長崎西高校→八雲学園(東京都)

「欅坂46」と「けやき坂46」兼任の経緯


アイドル関係に疎い私は漢字「欅坂46」とひらがな「けやき坂46」が二つ存在することを知らず・・・

もちろんファンの間では有名な話でしょうが、知らない方も多いでしょうから簡単に説明します。

2015年、乃木坂46の新プロフェクトとして欅坂46第一期生のオーディションが開催されました。

長濱ねるさんはこのオーディションに応募。

ご両親は快く思っていなかったものの、オーディションを受けることは了承してくれたとか。

しかし東京で行われた第三次審査を通過し、残すは最終審査のみとなった所でご両親は猛反対。

まさか娘が最終審査にまで進むとは思っていなかったようです。

ねるさんは母親に強制的に長崎へ戻され、最終審査は辞退という形で参加できなかったとか。

しかし長崎に戻ったねるさんは悔しさから大号泣。

見かねた父親が運営スタッフに事の経緯を説明し、「もう一度チャンスがあれば・・・」と相談したとか。

運営スタッフ側はねるさんとご両親を乃木坂46のライブに招待。

ライブの様子や乃木坂46メンバーの父親のコメント映像などを見たご両親は「娘の夢を後押ししてあげたい」と気持ちが変化。

運営側に再度「娘にチャンスを与えて欲しい」とお願いしたといいます。

これらの経緯で第3次審査まで評価の高かった長濱ねるさんは特例として欅坂46のメンバーに入ることが決定。

しかし最終審査を受けていなかったため、そのまま他のメンバーと同様に加入するのではなく、まずは欅坂46のアンダーグループけやき坂46のメンバーとして活動をスタートすることとなったのです。

故に2016年4月にリリースされたデビューシングル「サイレントマジョリティー」のメンバーに長濱ねるさんはいません。

8月リリースの「世界には愛しかない」から選抜入りし、欅坂46とけやき坂46を兼任していくことが決まりました。

これらの経緯については2016年11月に放送されたテレビ東京『欅って、書けない?』で明らかになっていたとか。

漢字欅とひらがなけやきって、ややこしい。

で、この度2017年9月に長濱ねるさんの欅坂46専任が決まったので、約1年間グループを兼任していたことになります。

漢字欅専任での活動の理由について運営側は

「欅坂46の躍進、そして、ひらがなけやきの急成長により、兼任メンバーである長濱ねるの稼働が大幅に上がりました。

ひらがなけやき主演ドラマのお話をいただいてから、撮影の準備を進めて参りましたが、全国ツアー後、漢字欅の稼働もさらに多忙を極め、これ以上、長濱が漢字欅とひらがなけやきを兼任しての活動は本人の体調を考えた結果、困難と判断しました。

運営で協議を重ねた結果、長濱は漢字欅にとっても重要なメンバーであり、ひらがなけやきが新メンバーを迎えて新たな一歩を踏み出す今、長濱の兼任を解除、漢字欅専任となり活動を続けることを決定しました」

(Yahoo!ニュースより)

とのことですが、体調不良の理由は「兼任による多忙」だけでしょうか。

なんならグループ兼任でもっと多忙に活動している先輩達が山のようにいると思うのですが。

勝手な憶測ですが、ネット炎上の打撃もくらってるんじゃないかと思います。

炎上の理由は!?


事件は2017年7月1日に欅坂46キャプテンの菅井友香さんが、メンバーの長濱ねるさん・佐藤詩織さん・斎藤冬優花さんと4人で行ったネット生配信『SHOWROOM』で起こりました。

配信は菅井友香さんがメインの進行役で、視聴者から寄せられる質問などにみんなで答えていくというもの。

この時、ねるさんは質問を振られても聞いていなかったり、菅井さんの質問を無視するような態度をとったりとマイペースぶりを発揮。

菅井さんが視聴者の質問に真面目に答えている最中に違う写真を見て他メンバーと盛り上がるなど、その態度に不快感をあらわにした視聴者が続出したようです。

これはイジリではなくもはやイジメだと。

ちなみに右上:長濱ねるさん。左上:菅井友香さんです。

この女子特有の雰囲気に

「女からしたらあれは陰湿ないじめとしかいいようがない」

「このいじられ方は結構傷つくと思う」

「ねるは性格の悪さが所々顔に出てる」

とねるさん批判が殺到。

元々特別枠で追加加入し、欅坂46の主軸の人気メンバーでもあるねるさんを、他メンバーが推しメンのファンは快く思っていなかったようですね。

しかしアンチねる以外からもこんな声が飛び交う始末。

「欅ファンだけどあのねるには失望」

「長崎出身で親近感あったのにがっかり」

「さすがにこの態度はヒドイ」

同時に懸命に笑顔で対応している「菅井様がかわいそうだ」という声も殺到。

長濱ねる・菅井友香不仲説も出ていました。

スポンサーリンク

炎上事件のその後は!?


ネット配信後の大炎上は本人たちはもちろん、運営側としても予想外だったでしょう。

当人達も運営側もこれについては今現在に至るまで誰も触れていません。

菅井友香さんは『SHOWROOM』について7月3日にブログでこんな風にコメントしています。

「初めてで緊張してしまいましたが

コメントや様々なアイテム、励みになりました!

しーちゃん、ねる、ふーちゃんも一緒に配信してくれてありがとう!

なかなか慣れていなくて申し訳ございませんでしたが、

またいつか楽しい配信ができればと思いますので、

その時はぜひ遊びにいらしてくださいね。」

まあ、当たり障りのない感じ。

一方の長濱ねるさんは、それまで週2~3回は更新していたブログを炎上事件以降2週間ほどストップしていました。

欅坂46はAKBグループなどと違いメンバー間の選抜争いや総選挙などの順位争いがなく、シングル曲のポジションもセンター以外は順番に回ってくるため、メンバー同士のポジション争いによるガツガツ感がない所が長所でもありました。

「謙虚、優しさ、絆」という合言葉通り、本当に仲の良いチームだと思われていただけに、炎上騒動はファンにとってかなり衝撃だったようです。

ねるさんのダメージはかなり大きかったと思われます。

この手の炎上は何をしても盛り上がるようで、一番は何もしないで鎮火を待つことのようですね。

実際、ねるさんは配信について一切触れていません。

当然謝罪的なコメントもありません。

その代わり(?)2週間後のブログでファンへの感謝を綴っていました。

そしてねるさんも菅井さんもお互いのツーショット写真を載せていました。

8月4日の地方ライブで、ホテルの部屋が一緒だったそうです。

出典:keyakizaka46.com

少しずつ「仲は悪くないよ~」ってことをアピールして、ほとぼりが冷めるのを待つのでしょう。

しかしファンの間に広がった不信感や負のイメージを回復するには時間がかかるかも。

彼氏とのキス画像!?


話題に事欠かないねるさん。

SNSの投稿画像から彼氏とのキス画像が流出していたとか。

出典:yahoo.co.jp

この横顔だけでは本人かどうかわかりませんが。

「nrsn46_」というアカウントから本人であることは確実だろうと言われているようです。

(ねるさんの愛称がねるそんらしい)

ただキス写真はデビュー前のもので、ファンたちもデビュー前の交際関係などについてはあまり気にしてないとか。

彼氏がいるいないより、「こういう写真をSNS上に投稿していたという事実が本当だったらショック」ということのようです。

ま、これだけでは本人かどうかなんてわかりませんね。

スポンサーリンク

まとめ


長濱ねるさん、これからも色々話題を作ってくれそうな予感ですね。

スキャンダルや事件を起こさなければ、話題性があるということは芸能人に向いているのかな、と思いました。

炎上するってことは注目度が高いということだし、今後何をしてくれるのかちょっと楽しみでもあります。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る