閉じる
閉じる
閉じる
  1. 昆夏美はハーフであごにプロテーゼ!?目にも違和感ありで彼氏ができない?…
  2. 丸山桂里奈グラビア写真で自慢のカップを披露!?勝負下着も公開!?
  3. 高見恭子、娘の画像や旦那との離婚の噂は!?通販で大成功!?
  4. ハウス加賀谷の現在や年収は!?統合失調症は結婚破綻の原因!?
  5. 安宅晃樹アナの彼女の噂や出身高校は!?学生時代の茶髪イケメン画像!
  6. 福地桃子(哀川翔の娘)のかわいい画像!レプロ所属で青学出身!?
  7. 南沙良は麻生中学校?かわいいけど太ったと噂!?第2のガッキーは賛否両論…
  8. 原田龍二の嫁が畑野ひろ子って!?子供やヤンキー時代の画像は!?
  9. 村田充と神田沙也加が結婚!馴れ初めや妊娠は!?元カノは広末涼子!?
  10. 水谷果穂の大胆水着画像やカップは!?出身高校や彼氏・妹も気になる!
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

きじまりゅうた(料理研究家)おねえ疑惑は結婚しない為!?母も料理家でハードル高め!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです!料理研究家のきじまりゅうたさん。昔ながらの家庭料理にイマドキ感をプラスした「新・家庭料理」を提案し、男性のリアルな視点から考えた「若い世代にも無理のない料理」方や気さくな人柄が人気を博し、彼の料理教室は予約が取れないほどの大人気だとか。パッと見おねえ感は全くないのですが、おねえ疑惑はなぜ浮上?こういう人に限ってってこと!?

スポンサーリンク

プロフィール


きじまりゅうた

1981年生まれ。(36歳)

東京都豊島区生まれ、豊島区育ち。

親子3代に渡り住み続けているので地域への密着度が高い。

祖母は料理研究家の村上昭子。

母も料理研究家で杵島直美。

立教大学出身。

在学中よりアパレルメーカーで働き、卒業後は並行して調理師学校に通う。

母の元でアシスタントとして務めた後独立。

テレビ、雑誌、書籍、Web、料理教室などを中心に活動中。

料理教室は大人気!


きじまりゅうたさんの料理教室は人気のあまり予約が取りにくくなっているとか。

出典:elle.co.jp

1回6000円~のレッスンは月によってテーマが変わり、基本的には家庭料理がメイン。

生徒は若い料理初心者からシニア層まで幅広く、なんといってもきじまさんのチャーミングなキャラクターが人気だそう。

お茶目で親切で江戸っ子気質なきじまさんのノリにつられるかのように、いつもレッスンは和気藹々の楽しさ。

とのこと。

またその人柄はテレビでも発揮されていました。

Eテレ『きょうの料理』でおかず青年隊として出演中のきじまさん。

たまに制限時間内ギリギリすぎて「時計を止めて~!」とテンパる姿が受けている様です。

Eテレって、たまに冒険してくれておもしろいですよね。

「時間がない!」と料理番組でテンパるきじまさんの出版本がこれです。

出典:amazon

マジか?

他にもお酒好きなきじまさんならではのおつまみレシピ本や、男子が喜ぶレシピの本など多数書籍を出版されています。

またニコニコ動画で料理番組『休日もだいどころ』を配信するなど幅広く活動中。

売れっ子ですね。

祖母、母から受け継いだ味・道具・調理法を引継ぎつつも、男性目線で「男が本能的に好きなもの、食べたいもの」を追求したきじまさんの料理は”古き良き新しい時代”を感じさせるようです。

おねえ疑惑は結婚しないから!?


話し方や仕草は普通の好青年で、趣味はサーフィンと音楽鑑賞(ブラックミュージック主流)。

おねえの感じは全くしません。

ではなぜおねえ疑惑が浮上したのか。

その理由は様々あると思われます。

・髭が似合う筋肉質な身体つき。(ライザップのたまもの)

・料理研究家という職業。

・36歳独身。

36歳でも独身の方は世の中たくさんいますが、きじまさんと同世代で人気の料理研究家・コウケンテツさんや栗原心平さんなどは結婚し、子どもがいる場合が多いですよね。

→栗原心平、嫁みゆきや子供との仲は!?姉も料理研究家で築地の魚屋!

職業柄家庭を持つことはイメージの向上にも繋がるし。

普通に生きていれば普通にお付き合いした女性と結婚していてもおかしくない。

でも独身。

そして料理家や写真家など、芸術系の方はゲイやおねえが多いのも事実。

→下村一喜(写真家)はおネエ!?成宮寛貴との関係や過去の作品は?

さらにインスタに投稿された写真がおねえ疑惑に拍車をかけたようです。

出典:instagram

でもこれ、番組収録のメイク(特にアイメイク)が濃いめだったため撮った一枚。

ポーズもわざとです 笑。

”おねえ風に撮ってみた”だけでした。

スポンサーリンク

母も祖母も料理研究家はハードル高め!?


おねえではないにしても、結婚しないのはやはり同性愛者だから?

その可能性もありますが、女性として旦那様が「料理研究家」というのはどうなのでしょう。

しかもきじまさんは祖母も母も料理研究家という料理一家。

母:杵島直美さん

出典:livedoor

自宅の倉庫には代々受け継がれたお宝調理器具が数多く眠り、毎年梅干しを漬けるのが代々伝わる伝統行事だとか。

それも紀州南高梅を取り寄せるという本格派。

梅干し作りのための専用調理器具はおばあ様の代から受け継がれたこだわりの物ばかり。

昔はおばあさまが地域のお祭りの際に200人分の料理を作って差し入れし、自宅にもしょっちゅう人が大勢集まり、食事を振舞っていたとか。

料理研究家の祖母と母の影響を強く受け、幼い頃から料理に親しんできたきじまさんの奥様になる人は、同等くらい料理上手か全く料理をしないか、どちらかでないと無理そうです。

じゃないと毎日がプレッシャー。

でも母・杵島さん(63歳)は息子の結婚と孫の誕生を待ちわびているのか、インタビュー記事でポロリとこんな発言をしていました。

(時代で変化する料理について)

息子:ぼくは今、結構ガッツリいってるけど、年齢や家族構成で当然変わっていくよね。

母:りゅうたも、結婚して子供ができたら、また変わるわよ。

ただ料理一家は女性にとってハードルが高い気がします。

まとめ


人気料理研究家といわれる男性が増えてきましたね。

それも母や祖母から続く…といわれる人が続々と出てきて、世代交代の波を感じます。

親の七光りというより、親から受け継いだものに自分らしさ、イマドキらしさをプラスしているので、芸能人と違って人気が出やすいのかもしれません。

きじまさんのレシピは男性目線というだけあって男心をくすぐるものばかりなので、男性ばかりでなく、旦那様や彼氏、食べ盛りの息子に作ってあげたいという女性にも人気のようです。

ちなみにきじまさん、2月7日放送の『踊る!さんま御殿!!』に出演されるのですが、同番組に出演された彩風蘭さんは料理が全くできないお嬢様なのだとか。

案外二人の気が合うなんてことは・・・ないか。

→彩風蘭(元宝塚)の経歴や実家は!?料理も性格もやばくて彼氏も結婚も無理!?

【関連記事】

→水島弘史(料理研究家)はオネエ?弱火レシピは賛否両論!?

→うしろシティ阿諏訪泰義の料理本レシピに大反響!婚約中の彼女との仲は!?

→栗原心平、嫁みゆきや子供との仲は!?姉も料理研究家で築地の魚屋!

スポンサーリンク

関連記事

  1. うしろシティ阿諏訪泰義の料理本レシピに大反響!婚約中の彼女との仲…

  2. 栗原心平、嫁みゆきや子供との仲は!?姉も料理研究家で築地の魚屋!…

  3. 水島弘史(料理研究家)はオネエ?弱火レシピは賛否両論!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る