閉じる
閉じる
閉じる
  1. 伊藤遼アナは母親や私服がヤバい!?アニメ&ジャニーズオタクで人気上昇!…
  2. 高瀬くるみは「とちおとめ25」からの出世組!?母や妹もかわいい!?
  3. 河合雪之丞歌舞伎は辞めた!?市川春猿から改名はなぜ!?父や結婚子供は!…
  4. 平岳大の父は幹二朗で結婚した嫁や子供は!?双子の妹朋子は医者!?
  5. 中村隼人(歌舞伎役者)の父母や家系図は!?出演ドラマや学歴彼女などを調…
  6. 美人画家小松美羽に結婚はあるのか!?作品の値段や販売店は!?
  7. 福地桃子の父親哀川翔は実父!?母親は再婚だった!大学(学歴)は!?
  8. 宮澤エマに結婚の噂!?熱愛彼氏とフライデーのその後は!?父母祖父が凄す…
  9. Aマッソ加納愛子がかわいいと評判!彼氏いるって本当!?ネタはつまらない…
  10. 大畑大介の結婚した嫁が美人!子供は!?高校は進学校で実家はパン屋!?
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

敦子(モデル)と元旦那・堂珍嘉邦の離婚理由は!?子供や自宅場所は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです!歌手のケミストリー・堂珍嘉邦さんとの離婚が記憶に新しいモデルの敦子さん。5人の子持ちにしてあのプロポーションを維持し、シングルマザーとして働いているなんて超人としか思えません。気になるのはやっぱり離婚理由。子沢山=夫婦円満では無いのね。現在の生活はどんな感じなのでしょう。

スポンサーリンク

プロフィール

敦子(あつこ)

生年月日 1978年7月17日(40歳)

出身地  奈良県

出身校  大阪女学院

身長   168cm

1999年、大学生のときにファッション誌『JJ』の専属モデルとしてモデルデビュー。

2004年6月、25歳で人気歌手CHEMISTRYの堂珍嘉邦さんと結婚。

2004年12月に第一子となる長男を出産し、2005年から30代主婦層向けファッション誌『VERY』専属モデルに。

表紙モデルも務める。

その後第二子、第三子・第四子となる双子、第五子と出産。

現在もモデルとして活動しながらCMや広告などでも活躍中。

敦子(モデル)と元旦那・堂珍嘉邦の離婚理由は!?


敦子さんは2004年、26歳の時に人気歌手ユニット「CHEMISTRY(ケミストリー)」の堂珍嘉邦(どうちん よしくに)さん(40)と結婚しました。

出典:instagram.com

二人は堂珍嘉邦さんが「CHEMISTRY」としてデビューした翌年の2002年に交際が報じられていました。

堂珍嘉邦さんは元々メンズノンノモデル出身で、JJモデルとして活動していた敦子さんとは共通の友人が多かったようです。

敦子さんがお母様とCHEMISTRYのライブを観にいくなど、交際当初から結婚を前提とした真面目な付き合いだったようだと言われていました。

入籍した年の12月には第一子となる長男が生まれ、敦子さんは産休期間を経て2005年に『VERY』専属モデルとして仕事復帰しています。

その後も次男、双子、四男と計五人の子宝に恵まれ家庭円満かと思いきや、2019年1月1日、堂珍嘉邦さんのオフィシャルサイトで2018年末に離婚していたことが発表されました。

素人的にはびっくりしましたが、業界では「ああやっぱりか」といった予想通りの展開だったようです。

というのも、堂珍夫妻の夫婦仲は以前から疑問視されていて2014年に一度別居・離婚報道が持ち上がっていたのです。

堂珍一家は2012年頃結婚当初住んでいた東京都内の高級住宅を売却し、神奈川県内に引っ越したそうなのですが、堂珍さんだけが都内のマンションに住んでいるというのがその内容。

2014年といえば、第五子となる4男が生まれた年ですが、その第五子妊娠中に、敦子さんから堂珍さんに「生まれる前に離婚してほしい」と切り出されていたという報道もありました。

この時は敦子さん側が別居も離婚もきっぱり否定していましたが、子どもたちの学校など環境が落ち着いた頃に離婚するのでは、と見られていました。

そしてその大方の予想通り、2018年末に離婚に至ったようです。

その離婚理由の一つは価値観の違いではないかと言われています。

敦子さんは出産後もモデル・タレント業をこなし、更に助産師資格を取ろうと勉強も始めて仕事と子育ての両立&自分の夢への挑戦と精力的に活動されています。

一方で堂珍さんは奥さんには家庭に入って欲しいという思いがあったようです。

これは価値観違いすぎますね。

旦那様の協力無しに奥様は仕事と子育てと家事を回せないし、旦那様的にはそんなに大変なら仕事をセーブして家庭に専念すればいいと思うでしょうから、考え方は平行線のまま。

また、敦子さんの性格が強すぎることによる性格の不一致も離婚理由の一つでは、と言われていました。

14年の離婚報道では、週刊誌の取材に対して、堂珍さんの実父が『敦子さんはちょっと性格がキツくて、嘉邦は家に帰っても、針のムシロの上にいるような状態だったんじゃないか』と発言

(日刊サイゾーより)

またある番組では敦子さんが子どもたちに「勉強しなさい!!」と大声を出すシーンが放送され、キレ気味にコメントする姿などから気の強そうな性格だと思われています。

最近では『アウト×デラックスSP』に“子育てに酒が欠かせない女”として出演。

自宅に紙パックの焼酎やワインを常備し、「夕飯を作る前に飲んで気合を入れないと戦えない」と飲みながらの夕飯作りを披露。

外食で飲みすぎて帰り道に何度も嘔吐したり、タクシーで自分のカバンに吐いたこともあるというエピソードや、酔って子どもに「冷たい雨だ~」と水のシャワーをかけたエピソードなどを語っていました。

あまりのやらかしに、子どもたちからお酒は一日三杯まで」というルールを課せられたそうです。

5人も子どもを育てながら家事と仕事をこなす日々・・・

飲まなきゃやってられないとも思いますけど、何事も全力投球で度が過ぎる性格なのかもしれませんね。。。

堂珍さん側の情報が全く無いのでわかりませんが、家庭に入ってほしいと思っていたのなら、あまり家事育児には協力的では無かったのかもしれませんね。

敦子さんのブログには子育ての奮闘についても綴ってあり、周囲の助けがあってなんとかやってこれたと、ご両親や兄弟、ママ友やご近所さんにまで感謝の言葉を伝えているのですが、父親である堂珍さんの名前は全く出てきません。

まるで一人で子育てをしているかのよう。

すれ違いは随分前から修正できない所まできていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

子ども5人の名前や年齢は!?


敦子さんは子ども達の顔と名前は公表していませんでした。

お二人の子ども達ですから、相当かわいいのではないかと思います。

名前はわからないので年齢と性別だけ。

一番上は長男さん。2004年12月生まれ、14歳の中学3年生です。

反抗期が到来しているようですが、食器洗いを手伝ってくれたり兄弟の面倒を見てくれる優しい一面も垣間見えます。

パパ似ならかなりイケメンに成長しているかも。

2番目は次男さん。2007年11月生まれ、11歳の小学6年生。

野球大好き少年で、ガタイが良いタイプだそう。

3,4番目は男女の双子ちゃん。2009年6月生まれ、9歳小学4年生。

長女さんとは二人でご飯作りをしているとか。

末っ子が四男くん。2014年2月生まれで5歳。

末っ子って、何してもかわいいみんなのアイドルでしょうね。

長男さんが末っ子四男くんを肩車して、なんとも頼もしい。

出典:ameblo.jp

ちなみに後ろの坊主が次男さんです。

自宅場所は!?


敦子さん一家は東京都世田谷区の高級住宅から神奈川県内に引っ越し、2014年に鎌倉市に引っ越したといわれています。

現在は湘南エリアに住んでいるとか。

サーフィンが趣味の一つでもある敦子さんは、子どもたちとサーフィンも楽しんでいるそう。

海沿いに住んでいていつでも海に行ける環境みたいです。

敦子さんが湘南の海沿いをジョギングしているという噂も。

スポンサーリンク

モデルから助産師に!?看護学校はどこ!?


敦子さんは双子の出産をきっかけに”助産師”とう仕事に興味を持ったといいます。

子どもが小さい頃は「通学なんて無理」だと諦めながらもベビーマッサージや食育など、自宅で取れる資格をいくつも取得したとか。

それだけでも十分すごいことですが、自宅で取れる資格では満足できず、2017年ついに看護専門学校に入学!

助産師になるためには看護学校を出て看護師の国家資格を取得したあと、さらに助産学校に1年通って資格を取らなければならないそうですが、夢を叶えるべく勉学に励んでいるそうです。

どんだけのわらじを履くのだ。

おそらく自宅から近い神奈川県内の看護専門学校に通っているのではないかと思いますが、神奈川県内にある看護専門学校は20校以上ありました。

学校って、自宅からの距離だけで選べるものでも無いですし、駅近なら横浜市内の学校に通っている可能性もあり。

目撃情報もありませんでした。

ただ5人の子育てをしながら看護学校に通う、その有志を称える人が多数。


しかもシングルマザー。

本当に身体を壊さないように気をつけてほしいです。

まとめ


たくましすぎるモデル・敦子さんでした。

離婚理由は色々言われているようですが、敦子さんが5人の子どもを育てながら仕事も家事もこなしてきたことは事実。

それだけでどれだけすごいか。

さらに自分の夢に向かって勉強している姿を見ている子どもたちはきっと素晴らしい大人になるのではないかと思いました。

性格きつくなければやってこられなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る