閉じる
閉じる
閉じる
  1. 原英莉花のウェアはどこの!?スポンサー一覧とかわいい私服画像!
  2. 小祝さくらのスポンサーと愛用品まとめ!ウェア・シューズ・パターはどこの…
  3. 小祝さくらのカップサイズとかわいい画像まとめ!筋肉もすごい!?
  4. 安田祐香の姉・美祐のかわいい画像まとめ!選手からキャディーに転向した理…
  5. 山内マリコの結婚した夫はどんな人!?子供はいらない!?
  6. 村治佳織の夫は宗教家牧野宗永!?病気の舌腫瘍はタバコと酒好きが原因!?…
  7. 光ママ(芸人・しゃかりき)の撮影場所はどこ!?誰の家!?
  8. 光ママ(芸人・しゃかりき)は母親に激似で兄がイケメン!?ネタ元は!?
  9. 西村まさゆき(路線図)の経歴や年収は!?結婚した嫁と子供画像!マツコの…
  10. 浜田敬子の子供(娘)の学校や年齢は!?事実婚の夫はどんな人!?
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

きじまりゅうたの結婚や家族は!?母も祖母も有名料理研究家!

こんにちは、やーまんです!料理研究家のきじまりゅうたさん。昔ながらの家庭料理にイマドキ感をプラスした「新・家庭料理」を提案し、男性のリアルな視点から考えた「若い世代にも無理のない料理」や気さくな人柄が人気を博し、NHK『きょうの料理』など有名番組にも出演。母も祖母も有名な料理研究家というプレッシャーに負けず、自身の地位を確立したきじまさんの私生活や人気料理などを調査してみました。

スポンサーリンク

プロフィール

きじまりゅうた

本名   杵島隆太(きじま りゅうた)

生年月日 1981年7月12日(39歳)

出身地  東京都豊島区

出身校  立教大学観光学部

趣味   サーフィン、音楽鑑賞

サラリーマンの父と料理研究家・杵島直美さんの間に生まれる。

母と祖母の仕事柄毎日宴会並の料理を食べて育ったためか幼い頃は肥満児。

高校時代はアメリカンフットボールをやっていた。

大学在学中にアパレルメーカーに勤務。

その後母・杵島直美さんのアシスタントを務め、専門学校に通って調理師免許も取得。

5年間のアシスタントを経て28歳で独立。

2016年スタートのNHK『きじまりゅうたの小腹がすきました』を始め、NHK『きょうの料理』『あさイチ』CBC『キューピー3分クッキング』のレギュラー講師など数々の料理番組に出演している他、料理教室やイベント、講演会、動画配信など幅広く活動している。

きじまりゅうたの結婚や家族は!?


来年40歳を迎えるきじまりゅうたさん。

ゴリゴリの見た目とは裏腹におちゃめで親切でチャーミングな人柄は若い世代からシニア世代まで男女共に幅広く愛されています。

だから何となくもう結婚しているのかと思ったのですが、どうやらまだ独身のようです。

一人っ子のきじまさんの家族構成は両親と自分の3人家族ということですね。

一人っ子とはいえ、祖母の代から3代に渡り料理研究家として活躍している杵島家の自宅には大勢の撮影スタッフや編集者などが出入りしていたため、いつもにぎやかだったそう。

撮影後はみんなで食事を囲むのでまるで大家族で、唯一の子どもであるりゅうたさんは「うっくん」と呼ばれめちゃめちゃ可愛がられたそうです。

そんな「うっくん」もアラフォーになりましたが、結婚や恋愛について語っている形跡は見つかりませんでした。

料理以外についてはノーコメントか?

ただやはり母・杵島直美さんは息子の結婚と孫の誕生を待ちわびているのか、以前のインタビュー記事でポロリとこんな発言をしていました。

(時代で変化する料理について)

息子:ぼくは今、結構ガッツリいってるけど、年齢や家族構成で当然変わっていくよね。

母:りゅうたも、結婚して子供ができたら、また変わるわよ。

(NEWSポストセブンより)

まあ料理研究家の一家というのは女性にとってハードルが高いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

母も祖母も有名料理研究家!


きじまりゅうたさんの祖母は料理研究家・村上昭子さん(故人)

出典:https://www.kyounoryouri.jp/

作りやすくて経済的な”昔ながらのおふくろの味”で人気を博したそうで、きじまさんも子どもの頃はよく隣で野菜を刻んだりしていたそうです。

そして村上昭子さんの娘であり、きじまりゅうたさんの母である杵島直美さん(66)も有名な料理研究家。

出典:https://mainichi.jp/

杵島直美さんは”保存食の達人”と言われ、最近は発酵調味料を使ったレシピが人気。

共に『きょうの料理』などの料理番組や人気料理教室で活躍した有名人。

(母・杵島直美さんは現在も現役バリバリ)

有名料理研究家の祖母と母を持つきじまりゅうたさんは、料理界のサラブレッドです。

生まれも育ちも池袋で地域との密着度も高く、祖母の代にはお祭りで200人分の料理を作って差し入れをしていたとか。

そんな環境に育ったきじまさん自身も、学生時代は友人たちを豊富な食材がある自宅に招いてホームパーティーさながら手料理を振る舞っていたといいます。

サービス精神旺盛なご家族なんだなぁ。

また代々受け継がれている梅干し作りは杵島家の伝統で、自宅の倉庫には祖母・村上昭子さんの代から使われている梅干し作りのための専用調理器具が大切に保管されていてるそう。

紀州南高梅を取り寄せて作るこだわりの梅干しは真剣勝負なので、

雨に濡れると一発でダメになるため、干している間は外出できない

(ミューゼオ・スクエアより)

とか。

まぁいっか、ではすまされないのですね。

3代に渡り受け継がれる味。そして味を伝承してきた家族の絆。

素敵です。

だからこそ、きじまさんの奥様になろうと思ったら同等くらい料理上手か、全く料理をしないか、どちらかでないと難しいのかも。

きじまりゅうたの人気レシピ5選!


きじまさんのレシピは料理経験の少ない方も無理なくできて、日常に役立つような身近なモノを得意としているそう。

祖母と母の影響を受けながらも、男性目線の”男が本能的に好きなもの”を追求した料理を心がけているそうです。

きじまりゅうたさんの人気レシピの中から簡単に作れそうなものや検索数が多かったものをピックアップしてみました。

1.【あさイチ】きゅうりのごまおかかあえ

ささっと作れる副菜として便利!

出典:https://www.osarai-kitchen.com/

2.【きょうの料理】そうめんチヂミ

余ったそうめんをリメイク!マンネリ解消でおつまみにもピッタリ!

出典:https://www.kyounoryouri.jp/

スポンサーリンク

3.【レタスクラブ】基本のハムカツ

レタスクラブにてきじまさんの人気レシピ1位!

出典:https://www.lettuceclub.net/

個人的にはチーズハムカツが好き。

4.【きょうの料理】新たまねぎのスタミナ炒め

きょうの料理にてきじまさんの人気レシピ1位。野菜はアレンジきくから何入れても良さそう。

出典:https://www.kyounoryouri.jp/

5.【サンキュ!】じゃがいも焼くだけレシピ3つ

困ったときのじゃがいも料理。

・新じゃがとソーセージのクリームカレー炒め

・豚じゃがの中国風シャキシャキ炒め

・海鮮じゃがチヂミ

出典:https://39mag.benesse.ne.jp/

正直、我が家には無いな~という材料とか、料理苦手な私にはレシピ通りは難易度高そうなものもありますが、面倒な工程は省いてもおいしくできそうな気がする。

やっぱり男性が作る料理だけに男好みって感じしますね。

まとめ


今や一般人も自慢のレシピを動画やSNSなどでバンバン紹介する時代。

料理研究家戦国時代って感じ。

そんな中、世代交代の波にも上手く乗って第一線で活躍されているきじまりゅうたさんはやはりやり手です!

レシピはもちろん、その人柄や料理の見せ方、作る工程など人気の理由は一つじゃないんだろうなぁと思いました。

見てると自分もできそうな気がしてくるから不思議。

スポンサーリンク

関連記事

  1. うしろシティ阿諏訪泰義の料理本レシピに大反響!婚約中の彼女との仲…

  2. 栗原心平、嫁みゆきや子供との仲は!?姉も料理研究家で築地の魚屋!…

  3. 水島弘史(料理研究家)はオネエ?弱火レシピは賛否両論!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る