閉じる
閉じる
閉じる
  1. 井本彩花の中学校はどこ!?歌はヤバイが演技は!?母親も美人!?
  2. 橋本拓也(元芸人スーパーノヴァ)が菅谷梨沙子の結婚相手!ファンから夫に…
  3. 石川香織氏(元アナウンサー)の人生は波乱万丈!?逮捕された夫や子供の現…
  4. 三宅亮輔のwiki風プロフ!出身高校や大学・彼女は!?私服がお洒落!
  5. 野々宮ミカ(ゴミ屋敷グラドル)の彼氏は!?父親が社長で実家は金持ち!?…
  6. 水上京香の水着姿や足が綺麗すぎると話題!カップや彼氏も気になる!
  7. 寿るいが才賀紀左衛門の浮気相手!?炎上モデルがまたやらかした!?
  8. 大野拓朗の母親は女優か料理研究家!?元天てれ課長は結婚してる!?
  9. 吉羽美華の離婚理由はDV!?元夫や子供、政治家としての評判は!?
  10. 大田理裟(クライミング)のWiki風プロフ!かわいい私服や水着画像は!…
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

川井梨紗子の父・母・妹は全員レスリング選手!それぞれの戦績は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。やーまんです!

リオ五輪、全階級でメダルが期待される女子レスリングの63キロ級代表が川井梨紗子選手。彼女は本来の階級を上げ、姉妹対決を制しオリンピック代表権を獲得しました。家族は全員レスリング選手というサラブレッドで、妹さんがかわいいんです。

スポンサーリンク

プロフィール


川井梨紗子(かわい りさこ)

生年月日  1994年11月21日(21歳)

出身地   石川県津幡町(つばたまち)

身長    160㎝

出身校   至学館高校

所属    至学館大学

世界ランク 3位

好きなアーティスト 倖田來未

きっかけは血筋!?


川井梨紗子選手は3姉妹の長女として生まれ育ちました。

両親はレスリングで輝かしい成績を残していましたが、「娘にもレスリングをして欲しい!」

と特に望んでいたわけでは無いそう。

自分たちが本気で取り組んできたから、生半可な気持ちでやってほしくはなかったのだとか。

そんな彼女がレスリングを始めたきっかけは小学2年生の時。

お父さんが軽い気持ちで誘ったジュニアレスリング大会。

金メダルを見せられ、「欲しい?」と聞かれると「欲しい!」と即答したそう。

大会に誘う所にお父さんのちょっとした希望が見えますね。

約1か月の練習で臨んだ大会は初戦敗退。

悔しくて大泣きし、「まだやる!」とレスリングへの情熱が芽生えたそうです。

レスリングが身近な環境で育っていた川井選手は、負けん気の強さと相まって自らの意志でレスリングの道へ進んでいったんですね。

本人がやると決心してからは母初江さんの英才教育が始まったといいます。

お母さんがコーチを務める金沢ジュニアクラブに通い始め、妹と共に中学3年まで厳しい指導を受けたそう。

「攻めなきゃレスリングじゃない。」

という母の教えは、川井選手の中に叩き込まれ、めきめきと実力を付けていきました。

戦績は?


サラブレッドの戦績はやはりすごかった。

中学3年生の時、全国中学生選手権52キロ級で優勝。

高校2年生で全国高校女子選手権優勝。

高校3年生の時、全日本選抜に出場し、2回戦で元世界チャンピオンの山本美憂選手(当時38)を破るとこの大会優勝。

世界選手権代表に選ばれます。

2013年、至学館大学に進学。世界ジュニア(55キロ級)で優勝。

全日本選手権で59キロ級に階級を上げて出場するも、伊調馨選手に敗れて3位。

2014年、世界ジュニア(59キロ級)優勝。

全日本選抜の決勝で伊調馨選手に敗れる

階級変更

オリンピック階級の58キロ級代表でリオ五輪を目指していた川井選手ですが、そこに立ちはだかるのは絶対王者伊調馨選手。

至学館大レスリング部監督で、全日本女子レスリングヘッドコーチでもある栄和人監督から63キロ級への転向を勧められたのだそう。

自身は伊調選手を倒してこそ、真の王者だとの思いから最初は納得できず、両親や先輩など色々な人に相談したといいます。

最終的には一つ先輩の登坂絵莉選手(48キロ級代表)から「63キロ級で五輪を目指すべきだ」

と強くプッシュされ、階級転向を決心したそう。

登坂絵莉選手は世界選手権3連覇の若手注目選手。リオ五輪の金メダリストになりましたね!

プロフィールはこちらです。

→【レスリング】登坂絵莉の筋肉美画像!父親、大学、彼氏などまとめて調査!

オリンピックでの階級は58キロ級の上が63キロ級ですが、世界選手権では間に60キロ級もあるので、実際は階級を2つも上げることになります。

身長やパワーなど、不利になる部分が大きいのでは?

と思うのですが。

実際63キロ級はどっしりとしていてパワーがある分、58キロ級に比べてスピードが劣るのだそう。

体重を増やしてスピードを維持する身体づくりのため、休憩時間中も1人トレーニングに出かけていたそうです。

川井選手は自身のレスリングスタイルは変えず、スピードと得意の組手を活かし、組手からのタックルでポイントを獲得。

階級を上げて初めて臨んだ2015年の世界選手権で準優勝し、リオへの切符を確実なものとしたのです。

階級を転向してまで獲得したかったリオへの切符。

それは自分だけの夢ではなく、家族みんなの夢だからこそ踏み切れた選択だったのかもしれません。

父も母もレスリング選手!その戦績は?


父、孝人さん(48)は日体大時代にグレコローマン74キロ級で学生2冠を果たした元学生王者。

母、初江さん(46=旧姓小滝)も全日本女子レスリング女王で、1989年世界選手権53キロ級で7位の成績をおさめたレスラーです。

川井選手が高校生の時世界選手権出場を果たしたことで、日本レスリング史上初の”母娘で世界代表”が誕生しました。

お母さんの選手時代はまだ女子レスリングが五輪正式種目になっておらず、どんなにがんばっても叶わなかった”オリンピック出場”

父と母の夢を娘が叶えてくれた!

川井選手は両親の20年分の夢も背負ってリオの舞台へ上がるのです。

重そうだ・・・

そんな川井家はみんな仲良し。

川井選手はお父さん似?

スポンサーリンク

妹もかわいい実力者!


川井三姉妹はみんなレスラーです。

姉の後を追うように3歳下の友香子さんと末っ子の優梨子さんも金沢ジュニアクラブでレスリングに取り組みました。

友香子さんは至学館高校を卒業し、現在至学館大学のレスリング部所属。

今年のジュニアクイーンズカップ63キロ級で優勝し、世界ジュニア選手権の日本代表に決まっています。

ジュニアクイーンズカップでは梨紗子選手がセコンドに立ち、友香子さんをサポートしたそうです。

夢は姉妹で東京五輪出場。

これはもはや夢ではなく目標ですね。

梨紗子選手はリオ五輪後、階級を58キロ級に戻すことを決めているそうで、友香子さんは63キロ級で東京五輪を目指すのだとか。

その姿がかわいい。

やはり姉妹。雰囲気が似ていますね。

川井選手がリオ五輪代表権を決めるために出場した全日本選手権(60キロ級)では決勝で高校3年生だった友香子さんと対戦。

10-0で妹友香子さんを破り優勝しました。

姉妹対決はまだまだ姉が格上のようです。

まとめ


家族全員がレスラー。親子で師弟関係であると、親がつい厳しくなり過ぎて衝突もあったそうです。

しかし高校から県外へ進学し、自立した生活を送っていた川井選手から今感じ取れるのは両親への感謝と、家族の夢を背負って立つ強い意志。

重い!重すぎだろ。と考えてしまいますが、世界で戦うスポーツ選手はみんな周りの人の夢も背負って戦っているんだなと改めて感じました。

レスリングといえば、吉田沙保里選手や伊調馨選手が超人レベルの強さなのでそちらが注目されますが、他にも若手選手が育っています。

→土性沙羅のかわいい姿と筋肉画像のギャップがやばい!父親や出身高校は?

追記➡川井梨紗子選手、土性沙羅選手、登坂絵莉選手と若手選手達が見事金メダルを獲得しました!

   本当にすごい!!おめでとうございます!!!

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る