閉じる
閉じる
閉じる
  1. 昆夏美はハーフであごにプロテーゼ!?目にも違和感ありで彼氏ができない?…
  2. 丸山桂里奈グラビア写真で自慢のカップを披露!?勝負下着も公開!?
  3. 高見恭子、娘の画像や旦那との離婚の噂は!?通販で大成功!?
  4. ハウス加賀谷の現在や年収は!?統合失調症は結婚破綻の原因!?
  5. 安宅晃樹アナの彼女の噂や出身高校は!?学生時代の茶髪イケメン画像!
  6. 福地桃子(哀川翔の娘)のかわいい画像!レプロ所属で青学出身!?
  7. 南沙良は麻生中学校?かわいいけど太ったと噂!?第2のガッキーは賛否両論…
  8. 原田龍二の嫁が畑野ひろ子って!?子供やヤンキー時代の画像は!?
  9. 村田充と神田沙也加が結婚!馴れ初めや妊娠は!?元カノは広末涼子!?
  10. 水谷果穂の大胆水着画像やカップは!?出身高校や彼氏・妹も気になる!
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

中村あゆみが元旦那と離婚した理由や子供の名前は?尾崎豊と交際とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです。歌手の中村あゆみさんが『アウト×デラックス』に出演されます。ロック歌手の中村さんは破天荒な生活を送っているかと思いきや、毎週定期検診に通う律義な生活を送っているとか。これがアウトかどうかはともかく、私生活では2度の離婚を経験したシングルマザーで、その昔伝説の歌手・尾崎豊さんとの交際を暴露して話題になったというので、やっぱり破天荒なんじゃ・・・?

スポンサーリンク

プロフィール


中村あゆみ

生年月日  1966年6月28日(50歳)

出身地   大阪府/福岡県

所属    株式会社Lady.A

大阪で生まれた中村さんは、出生後すぐに福岡県へ転居。

しかし4歳の時に両親が離婚し、父親と大阪に再度移り住んだそう。

高校生の時に母親のいる福岡に移るも、女優を目指し半年ほどで上京。

大阪と福岡を行き来していたため、公式プロフィールの出身地は大阪と福岡両方書いてあります。

定時制高校に通いながら昼はOLや道路工事の仕事、真夜中はディスコで遊びまくるなどハードな生活を送っていたとか。

その後、プロデューサーとなる高橋研氏との出会いをきっかけに音楽の世界へ。

1984年、高校3年生の時にシングル『MIDNIGHT KIDS』でデビュー。

翌年1985年、3枚目のシングル『翼の折れたエンジェル』が日清カップヌードルのCMに起用され大ヒット。

1987年からプロデューサー高橋氏の元を離れシンガーソングライターとして活動。

1998年以降は妊娠・出産を機に音楽活動を休止していましたが、2004年より再開。

独特のハスキーボイスが持ち味のロックミュージシャンですが、若い頃はもっと声が出ていたような。

元旦那や離婚理由は?


実は結婚も離婚も静かに繰り返した中村さん。

再婚をきっかけに「あれ?離婚してたの?」

と知り、

音楽活動再開をきっかけに「あれ?離婚したの?」

と知らされた人が多かったようです。

中村さんは1994年に3歳年上の一般人男性(会社員)と結婚しましたが、3年後の1997年に離婚。

同年、16歳年上の一般男性と結婚されていました。

離婚と結婚が同じ年だったことから、「中村さんの不倫が離婚の原因?」と憶測が飛び交いましたが、真相は語られず。

再婚相手の男性はエステティックサロンなどを経営する実業家。

中村さんにとって「おおらかで男気があって最高の人だった。」とか。

しかし出産後休止していた音楽活動再開への意欲を燃やす中村さんと、事業などに多忙な男性との間には次第に価値観のずれが生じてきたといいます。

私は彼を愛していたが、彼は私に不満があったのか…。

男の人は独占欲が強いので、口では『好きなことをやっていい』といいながら細かいことをいうことも多くなってきた」

と価値観の相違が広がってきたことを強調。(zakzakより)

事業を経営する多忙な旦那さんとしては、奥さんには家庭を守って欲しかったのかもしれませんね。

結局結婚生活は7年でピリオド。

離婚した年の2004年から中村さんは本格的に音楽活動を再開し、現在に至ります。

中村さんが音楽活動再開を強く望む理由の一つに、当時5歳だった長女の「また歌ったらいいのに」という言葉があったとか。

中村さんの昔のコンサートビデオを見て「ママかっこよかった」とほめてくれたそう。

そんなこと言われたら、娘にステージで歌う自分のかっこいい姿を見せたくなります。

また元々かなり目立ちたがり屋な性格だと思われます。

最初から家庭に収まるタイプではなかったのでしょうね。

むしろよく5年も我慢した、と本人や周囲の人は思っているかもしれません。

子供の名前や画像は?


最初の結婚では子どもはいなかったようです。

1999年、2人目の旦那様との間に女の子を一人出産しています。

離婚当時5歳だった娘さんは現在18歳!

名前は莉珠(りず)さんというそう。

”リズム”から取った?

中村さんはシングルマザーとして仕事・育児に奮闘し、長女を「ギャング娘」と称して溺愛しています。

出典:ameba

中村さんの隣にちらっと見切れているのが”ギャング娘”さん。

これは5年前なので13歳の時ですね。

ちらっとだけど、中村さんに似てかわいい!

この頃娘さんは反抗期真っ只中。

中村さんは何度も学校に呼び出されて先生に頭を下げたとか。

自分のことで人に頭を下げたことはあまりないのに(笑)

娘さんに初めて「うっせえ、うざい、むかつく」と言われた時は烈火のごとく怒ったといいますが、今では笑って話せる思い出だそう。

母娘で「隠し事、嘘はなし」と誓い合い、大抵のことは大らかに受け止めていたそうです。

中学時代遊びまくった娘さんは、自分で進学したい高校を調べ、合格に向けて猛勉強。

内申点も上がるように努力し、見事受験に合格したそうです。

遊びまくってもやる時はやる所とか、性格は中村さんに似ているようですね。

18歳になった今、中村さんの「大学は行かなくていよ、ママは芸能界にいるけど、全然見栄もプライドもないから」

という言葉に反し、「大学に行く」と言って受験勉強に励んでいるとか。

ただし「ここなら行って意味があると思えるようなところじゃないと私は(お金を)出しませんよ」

ときちんと娘さんに伝えているそう。

もっと親ばかタイプかと思ったら、しっかりしているんですね。

娘さんは現在いい恋愛をしていて、親から見て羨ましいのだとか。

その辺が親子で違う所かもしれません。

中村さん、過去の恋愛を暴露してちょっとした騒ぎになりました。

スポンサーリンク

尾崎豊との交際とは!?


1992年に亡くなった伝説の歌手・尾崎豊さんとの交際関係を中村さんが暴露したのは2009年に放送された『おもいっきりDON!』の生中継。

番組では、尾崎さんとの“思い出の地”である横浜・山手町を訪ね、

「出会ったのはニューヨークで、東京に戻ってからも(尾崎から)『遊びに行こうよ』と誘われた」

と尾崎さんから熱烈なアプローチを受けていたことを告白。

当時、山手町を2人でデートした際には、尾崎から「あゆみちゃん、腕組んで恋人同士みたいに歩いてみないか」と誘われ、

中村はとまどいながらも従うと、周囲に人だかりができてしまったというエピソードを明かした。(oriconnewsより)

と尾崎さん恋人関係だった時期があったことを告白したそうです。

尾崎豊さんは1988年、22歳で結婚しているのですが、20歳の時に渡米しています。

それが1985年。ちょうど中村さんの「翼の折れたエンジェル」がヒットしていた時期。

この頃交際していたのかもしれませんが、尾崎さんの奥様とお子さんは今も健在。

20年前の出来事だったとしても、配慮が欠けた発言だったのではないでしょうか。

しかも相手の尾崎さんは亡くなっているので真偽を確かめようがないんですよね。

2009年当時はデビュー25周年でカバーアルバムを発売中だった中村さん。

そのアルバムの中には尾崎豊さんの「僕が僕であるために」のカバー曲も収録されていたとか。

交際発言はアルバムの宣伝効果を狙ってのことだったのでしょうか。

なんにせよ、やっちゃった感があります。

まとめ


ざっと調べた所、中村あゆみさんは見た目も生き方もやはりロックな感じがしました。

でもそういう方だからこそ、「やるべきときはきちんとやる」と徹底し、現在も芸能活動を続けていられるのだと思います。

娘の大学進学を控え、まだまだ働かなくちゃいけない中村さん。

「絶対おばちゃんと言われたくない」そうです。

健康管理は徹底していそうですね。

どんなにやんちゃなロックシンガーも、子どもの前ではみんな”親バカ”かもしれません。

→志穂美悦子と長渕剛の子供画像!娘は女優で息子はラッパーとレーサー!?

スポンサーリンク

関連記事

  1. 安宅晃樹アナの彼女の噂や出身高校は!?学生時代の茶髪イケメン画像…

  2. 下村一喜(写真家)はおネエ!?成宮寛貴との関係や過去の作品は?

  3. 泉里香・カップでか過ぎでもう垂れてる!?すっぴん画像や彼氏の噂は…

  4. 伊東紗冶子はGカップ!?水着画像がやばいが豊胸疑惑!?彼氏も気に…

  5. 岸明日香がフライデーされた相手はロッチ・コカド!?私服&すっぴん…

  6. 長田成哉の熱愛彼女は瀧本美織!?俳優になったきっかけは母の粋なは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る