閉じる
閉じる
閉じる
  1. 井本彩花の中学校はどこ!?歌はヤバイが演技は!?母親も美人!?
  2. 橋本拓也(元芸人スーパーノヴァ)が菅谷梨沙子の結婚相手!ファンから夫に…
  3. 石川香織氏(元アナウンサー)の人生は波乱万丈!?逮捕された夫や子供の現…
  4. 三宅亮輔のwiki風プロフ!出身高校や大学・彼女は!?私服がお洒落!
  5. 野々宮ミカ(ゴミ屋敷グラドル)の彼氏は!?父親が社長で実家は金持ち!?…
  6. 水上京香の水着姿や足が綺麗すぎると話題!カップや彼氏も気になる!
  7. 寿るいが才賀紀左衛門の浮気相手!?炎上モデルがまたやらかした!?
  8. 大野拓朗の母親は女優か料理研究家!?元天てれ課長は結婚してる!?
  9. 吉羽美華の離婚理由はDV!?元夫や子供、政治家としての評判は!?
  10. 大田理裟(クライミング)のWiki風プロフ!かわいい私服や水着画像は!…
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

吉羽美華の離婚理由はDV!?元夫や子供、政治家としての評判は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです。小池都知事が希望の党の公認候補として東京24区から送り込んだ女性刺客・吉羽美華氏。目鼻立ちのはっきりした美人で、バツイチシングルマザー。元夫は前衆議院議員で、離婚の原因はDVだとの話も。

スポンサーリンク

プロフィール


吉羽美華(よしば みか)

生年月日  1980年7月26日(37歳)

出身地   大阪府寝屋川市

出身校    金蘭千里中学校・ 金蘭千里高等学校・関西学院大学経済学部

趣味    マラソン・ダイビング

【経歴】

中学・高校と大阪府内の進学校で過ごし、関西学院大学へ進学。

大学を中退し、都内で仕事を始めるも1年半後に復学。

政治と教育に関心があり、教員を目指した時期もあるといいます。

2006年、民主党大阪12区総支部で勤務。

2007年5月、寝屋川市議に26歳の若さで初出馬・初当選します。

2008年には「MSN産経ニュース」で藤川優里八戸市議、倉田麗華練馬区議ら「美人議員」3名で政治について語り、話題に。

2009年、テレビのクイズ番組やスポーツ番組に出演し「綺麗」とネット上で評判となり、同年自身の写真集を販売。

初版の写真集500部は完売し、売上は政治資金にあてられたそうです。

その後2012年衆議院選、2013年参議院選に出馬するも落選。

2016年10月、阪南市長選挙に無所属で出馬しましたが落選しています。

そして2017年10月、小池都知事が代表を務める「希望の党」から公認立候補予定者として東京24区(八王子市)で擁立されることが発表されました。

シングルマザーとして一人息子を育てながら家庭と仕事を両立している吉羽氏。

小池都知事の女性についての考え方に共感したとか。

小池都知事が自民党東京都連の天敵に美人女性刺客を送り込んだと話題になり、今後の動向が注目されています。

元夫は!?


吉羽さんは2014年11月、自民党の谷川(たにがわ)とむ前衆議院議員(41)と結婚しました。

出典:jimin.jp

これはちょっと若い頃の写真ですね。

現在の谷川氏はこんな感じ。

兵庫県尼崎市生まれの谷川氏は1994年から生家の万徳寺の僧侶を務め、1996年~2004年まで俳優活動も行っていたという方。

しかし2006年から父親で参議院議員・谷川秀善氏の秘書として政治の世界に入ります。

2014年の衆議院総選挙に自民党公認で大阪19区から出馬し、比例復活で初当選。

自由民主党青年局次長を務めているそうです。

吉羽さんのブログから推察すると、2人が出会ってから結婚を決めるまでの期間は短かったようですね。

元旦那と出会ってから、家を出るまでの2年間、男性と二人で食事すら行ったことはありません。(本人ブログより)

これは出会いから2年で別居になったと思われる発言。

また「結納の時に妊娠が分かった」

と、でき婚については否定しています。

 

吉羽氏は谷川氏と結婚し、泉佐野市に転居。

自身は出産を期にしばらく育児に専念し、谷川議員の嫁としてサポートしていたようです。

しかし2人は2016年9月に離婚。

出会い→結婚→出産→離婚

という人生最大のイベントとも思われる事柄を、わずか3年ほどでまとめちゃったみたいです。

結婚生活が短期間で終わってしまった理由とはなんだったのでしょう。

スポンサーリンク

離婚理由はDV!?


吉羽氏は、2016年6月から自身のブログで「離婚を進めている最中」であることを語っていました。

実は結婚から1年後の2015年秋頃から生活について「限界だな・・・」と感じて、親しい人達に相談していたとか。

そして離婚に至った原因は谷川氏のDVによるものだとはっきり明言していました。

私は、これまで傷ついてきたことを、別居する半年前から記録しており、裁判所にDVを訴えます。

裁判になれば、私が主張するDVについて、事細かくお話しすることになるので、、
公職に在られる方には、大変なイメージダウンになるかと思います。
なるべくなら、穏便に、迅速に、離婚させてほしいです。

(本人ブログより)

その後裁判になる前に離婚調停が成立したため、吉羽氏が谷川氏から受けたDVの詳細については明らかになっていないようです。

一般にDV(家庭内暴力)とは

・感情的虐待:非常な言動や罵詈雑言、無視、嫌がらせなど、精神的に苦痛を与える行為。

・心理的虐待:本人や家族、友人などに危害を及ぼすことをほのめかすような脅迫行為。

・身体的虐待:殴る、ける、首を絞めるなど肉体への直接的暴力。

・性的虐待:性的行為を強要したり、はずかしめたりする行為。

・経済的虐待:本人の合意なしに、本人の財産や金銭を勝手に使用する。あるいは理由なく制限する行為。

・介護・養護の放棄、放任(ネグレクト):食事や教育、医療などの必要なケアを行わないこと。

を言います。

あくまで推測ですが、表舞台に立つことの多い政治家やその妻ですから、”暴力”という身体的虐待よりも”モラハラ”や経済的虐待など、精神的に追い詰められるようなものだったのではと思います。

「携帯のメモリを消去された」などと報告していたこともあったので。

また、親権争いにおいては谷川氏の人間性を疑ってしまうような内容が。

双方離婚には合意していたものの、お互いが親権を主張していたとか。

しかし谷川氏の言い分は

「自分は議員として忙しく、子育てはできない。だから貴女も、政治活動するなら、子育ては出来ないでしょう。兄夫婦に子どもがないから、兄夫婦の子にします。だから親権譲ってほしい」

というもの。

この発言に理解を示せる人がいるでしょうか。

父親が、「自分で育てるから親権譲ってほしい!」というなら、まだしも、、、
兄夫婦が育てるから、って?
私が子育て出来る状態にあり、心身ともに健全であり、何よりも、これまで同様、息子と生活したいと望んでいるのに
(本人ブログより)
さらに離婚が成立するまで息子さんの児童手当は谷川氏に振り込まれていたものの、一切渡してくれなかったそうです。

また、谷川氏の高収入から算出された高い保育料(55000円)も一切払わずだったとか。

これは早めに離婚して正解だったかもー。と思わせられますね。

無事に離婚が成立した現在は、ご両親の協力のもと息子さんと楽しく暮らせているとか。

子どもは!?


「34歳の時に出産した」という吉羽氏。

2017年10月現在で息子さんは2歳8か月とのことなので、2015年2月生まれでしょうか。

出産後しばらくは育児に専念していたようですが、離婚成立翌月、36歳の時に阪南市長選挙に出馬します。

無所属で立候補し、落選してしまったのでかなりの費用が掛かったのではないでしょうか。

シングルマザーとして経済的にも家庭を支え、仕事と子育てを両立しなければならない吉羽氏にとって、「希望の党」からの公認を得られたことは良かったですね。

忙しい仕事の合間を縫って息子さんと外出したり、家での時間を大切にしたりと子育ても一生懸命されているようです。

息子さんのめっちゃいい笑顔が証明してくれています。

おばあちゃんが作ってくれたエプロンをつけて大はしゃぎの画。

出典:ameblo.jp

シングルマザーである私は、両親のサポートもあり、仕事の両立が出来ていますが、
サポートを受けれない方も沢山います。
家族形態の多様性を認め、すべての子どもたちが豊かに過ごせる環境整備が必要です。
(本人ブログより)

これからは女性の時代ですかね。

政治家としての評判は!?


20代で市議会議員に初当選した頃は「若い美人市議」として注目され、また愛嬌もあったことから評価は上々だったようです。

その頃受けた取材で「政治に対するイメージや参加しにくいという抵抗感をなくしていきたい」と意気込みを語り、

もっとも興味があるテーマは「家族や地域で協力しあえる環境づくり。これが結局、少子高齢化社会、年金医療介護、教育、ワークバランスや雇用問題全てに関わってくると思うからです」

と話していました。

今回は「シングルマザー」という肩書を武器に女性層の支持を集めたい所でしょうか。

ただこれまでの拠点が大阪府だったので、東京24区(八王子市)の市民にとっては「誰?」といった意見が多いのも事実。

また

「阪南市長選落選後すぐに地元寝屋川市に戻った」

「今度は東京か」

などと厳しい声も。

これまで出馬した選挙での落選が多いのも気になるところの様です。

まあ、幼い我が子の育児協力をしてくれるのが自身の両親なので、地元寝屋川市にすぐ戻るのは仕方のないことの様な気もしますが。

阪南市長選の時も子育て世代の女性からの支持は集めたようですが、現実は厳しかった。

個人的には応援したくなるけどなー。

まとめ


小池百合子都知事の刺客・吉羽美華氏を調べてみました。

旦那に早めに見切りをつけて一人で子どもを育てると決意し、サラッとDVを公表したその判断力と行動力。

何度落選しても挑戦を続けるその根性。

チャンスがあればどこからだって出馬してやるという野心。

ブログから漂う息子愛。

総合的に「いい人」なんじゃないかと思いました。

不倫騒動などでてんやわんやの政治家よりは信頼できるかも。

→倉持麟太郎弁護士が山尾志桜里の不倫相手で結婚してる!?経歴や事務所は!?

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る