閉じる
閉じる
閉じる
  1. 長尾謙杜の高校は岸和田!?彼女,身長などプロフィールを調査!道枝駿佑ラ…
  2. 【画像あり】浅越しのぶの夫は会社社長でイケメン!子供の学校は!?
  3. 脇田穂乃香 週プレ表紙で美ボディが話題!!年齢や高校などwikiプロフ…
  4. ファーストサマーウイカすっぴんもかわいいがメイク後比較がえげつない!?…
  5. 太川陽介が嫁藤吉久美子と離婚しない理由は!?子供(息子)の現在は!?
  6. 今泉佑唯の性格がきつい!?平手友梨奈を睨む画像流出で上村やねるとも不仲…
  7. 大島康徳の家が欠陥住宅で裁判の結末は!?嫁も病気に!?息子は!?
  8. 村上弘明の若い頃や仮面ライダー時代は!?嫁との自宅や息子の現在は!?
  9. 長谷直美の現在の恋人は!?乗り越えた大腸がんステージは!?娘が若い頃に…
  10. 柴本幸の結婚した夫や現在の活動は!?マドンナ役がブサイクと不評!?
閉じる

やーまんワクワクどっとコム

ヤマザキマリはイタリア人夫と離婚寸前だった!?息子はハーフイケメン!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、やーまんです。古代ローマを舞台にした大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』の作者、ヤマザキマリさん。作品の大ヒットの裏で、炎上騒動からの家族危機が起こっていたようです。世界中を飛び回って来た彼女の波乱で魅力的な人生も気になります。

スポンサーリンク

プロフィール

ヤマザキマリ

生年月日   1967年4月20日(51歳)

出身地    東京生まれ。北海道育ち。

所属     株式会社CRG(クリエイティブ・ガーディアン)

ヴィオラ奏者の母親と指揮者の父親との間に生まれたヤマザキマリさんの人生は中々波乱万丈。

父親は早くに亡くなり、2歳下の妹と共に女手一つで育てられました。

ミッション系スクールに通っていたお母様は、とても大らかで”常識”や”世間体”というものには一切囚われない破天荒タイプ。

オーケストラの仕事で家を空けることが多かったお母様に変わり、妹の保育園のお迎えにヤマザキさんが行ったりと子ども二人きりで過ごすことが多く、自然と妹にも頼られるようになり、自立は早かったといいます。

幼い頃からヴァイオリンやピアノを習っていたヤマザキさんですが、自身は音楽よりも絵とお話を作ることが大好きで、紙芝居を山のように作っていたとか。

そんな絵が大好きなしっかり者の幼少時代を過ごしたヤマザキさんは、14歳の冬休みに一人でヨーロッパ旅行を体験します。

一緒に行くはずだった母親が行けなくなっての一人旅とのことですが、送り出した母親も旅立ったヤマザキさんもすごい。

その旅で出会ったのがイタリア人のマルコじいさんで、そのお孫さんが現在の旦那様だとか。

運命。

ヨーロッパ一人旅から帰国後、日本の規則や規定、”世間体”というものに窮屈さを感じるようになったヤマザキさん。

ミッション系スクールに通っていたそうですが、高校時代はパンクにハマり、ドレッドヘアやスキンヘッドにしたこともあるとか。

 

View this post on Instagram

 

昨日のライブ カルメン・ミランダなわたくし (後ろはサンコンjrさん)

ヤマザキマリ MARI YAMAZAKIさん(@thermariyamazaki)がシェアした投稿 –

制服も規制の形が気に入らず、60年代風にリメイクしていたといいます。

当然その度に呼び出し。

大らかなお母様もさすがにこれはヤバイと思ったようで、17歳の時にお母様のススメでイタリアへ留学することに。

高校を辞めて大検を受け、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で油絵や美術史を11年間学びました。

そのフィレンツェで過ごした学生時代に付き合っていたのが息子の父親になる4歳年上の彼氏。

彼はとても知識が豊富で頭の良い人で、人間として魅力的な方だったようですが、生活力が全く無い自称詩人。

ヤマザキさんがアルバイトを掛け持ちして彼を養いながら、学生として勉強も続けていたといいます。

しかし同棲生活10年、27歳の時に妊娠が発覚。

子どもという現実を目の前に突きつけられたヤマザキさんは、ドラマチックな生活に終わりが来たことを悟ります。

「このままでは生まれてくる子どもに幸せで楽しい世界を見せてあげられない」と。

彼氏と子ども二人を養うなんてとても無理。

ということで、出産後彼氏と別れて北海道へ帰国。

その時に帰国資金を稼ぐため、漫画を書いて日本のとある新人賞に応募。

それが努力賞に選ばれ、見事賞金を手にし、帰国費用に充てることができたそうです。

しかしすぐに漫画家として食べていけるはずがなく、シングルマザーとして子どもを養うためイタリア語の講師や美術展のキュレーター、ラジオ番組やテレビのレポーターなど、7~8本の仕事を掛け持ちで働いたとか。

そんな生活を続けていましたが、2002年に14歳年下のイタリア人と結婚。

再び日本を離れることになり、一番好きな漫画一本に仕事を絞ることを決意します。

そして2008年に発表した『テルマエ・ロマエ』が単行本発行部数900万部を超える大ベストセラーとなり、マンガ大賞や手塚治虫文化賞短編賞など大きな賞を受賞。

2012年には映画化もされました。

その後も漫画家として活躍しながら文筆家として執筆活動もされ、メディアに登場することも多くなっています。

近年では2015年より早稲田文学編集委員を務め、2016年に芸術選奨文部科学大臣新人賞(メディア芸術部門)受賞。

2017年、長年イタリアに在住し、芸術家としてイタリアの文化やイメージの普及に貢献した人物としてイタリアの星勲章コメンダトーレ章を授賞しました。

イタリアと日本を行き来しながら、時々息子のいるハワイへ飛んだりと現在も元気に活動されています。

スポンサーリンク

イタリア人夫と離婚寸前だった!?


濃厚な人生を送るヤマザキさんのご主人は、彼女が14歳の時にヨーロッパ一人旅で出会ったイタリア人のマルコじいさんの孫:ベッピーノ氏。

元々ヤマザキさんはベッピーノさんのご両親と親交があり何度か家を訪ねる仲で、ベッピーノさんが留学中で不在の時に彼の部屋に泊まったこともあったとか。

出典:moretsu.exblog.jp

右後ろのスラッとした英国人風の男性が、イタリア人のベッピーノさん。

ザ・文学者!で超真面目な彼は日本人が想像するイタリア人気質とは程遠く、現地でもイギリス人に間違えられることがあるそう。

ちなみにベッピーノさんの隣に写っているのが彼の母親で、写真左前にしゃがむ白髪の男性が父親。

つまりヤマザキさんの舅姑です。

考古学などの文学を研究していた彼と、古代ローマのオタクだったヤマザキさんは古代ローマやイタリアの歴史などの話で意気投合。

レベル高めです。

彼としてはヤマザキ親子と過ごす毎日が楽しくて仕方なかったよう。

ヤマザキさん親子が日本に帰国すると、古代ギリシアの女神像のコピー写真と熱烈なラブレターが送られてきたといいます。

なんとヤマザキさん帰国後、ベッピーノさんは食事も喉を通らず心身が衰弱し、恋わずらいで入院していたのです。

しばらくしてベッピーノさんに電話でプロポーズされたヤマザキさんはこれを承諾。

35歳のヤマザキさんと21歳大学生のベッピーノさんとの結婚が決まったのです。

うひょ~ です。

ヤマザキさんに連れ子がいたことから再婚と勘違いされることがあるようですが、未婚のシングルマザーでしたのでこれが初婚です(笑)

当時彼の留学先であったエジプトのイタリア大使館で結婚式を挙げたふたり。

その後文学研究者となったベッピーノさんに付いて、家族は中東やポルトガル、シカゴなど海外各地を回る生活を送りました。

『テルマエ・ロマエ』が生まれたのはポルトガルでの生活中だったとか。

漫画は大ヒットし、さぞ生活は楽になり幸せな生活を送られていたのかと思いきや、意外にもその大ヒットが夫婦の溝を深めることになったとか。

ポルトガル生活の後、ご主人がシカゴ大学へ移ることになり家族でシカゴへ。

『テルマエ・ロマエ』が映画化されたのがちょうどその頃。

飯の食えない比較文学研究者の夫と漫画家として大ヒットした妻との間に溝ができ始めていました。

そしてアメリカという新しい環境下で必死のベッピーノさんと、映画の著作権問題や炎上問題が勃発していたヤマザキさんとの間で喧嘩が増えていたといいます。

「おまけに健康も損ない、絶不調の状態だった。」

というシカゴ時代。

文学研究者というものは、それだけで食べていくのは大変なようですね。

大学生にして14歳年上の妻とその連れ子の人生を背負う覚悟を決めた責任感あるご主人ですから、より追い込まれていたのかもしれません。

しかしヤマザキさんも当時自分の置かれた悲惨な立場で必死にもがいていた。

アメリカ時代はかなりやばかったようですが、様々な記事を見ても「離婚」とかそれを考えた、という言葉は出てきませんでした!

そんな暗黒時代(?)を乗り越えて、今は家族でイタリアを拠点に生活中。

とはいってもヤマザキさんは仕事で日本を行き来していますし、ご主人も調べ物でヨーロッパやアメリカを行ったり来たり、とそれぞれの人生を謳歌しているようです。

スポンサーリンク

『テルマエ・ロマエ』で炎上!?


暗黒のアメリカ時代の原因にもなった著作権問題&炎上騒動とは?

それは2013年。『テルマエ・ロマエ』が映画化され、大ヒットした後のこと。

当時テレビ番組に出演したヤマザキさんが「映画『テルマエ・ロマエ』の興行収入が58億円だったのに原作使用料として支払われたのが100万円だった」と明かしたことに起因しているよう。

「権利を出版社に売ってしまう形になるので、100万円で何やってもいいよっていう状況に」

「知らないうちに出版社から『あんたの所に後で100万円くらい入るけどあれが原作使用料だから』って」

「丸1日かかる番宣もノーギャラ」といった内情を暴露し、インターネット上で「そんなに安いのか」と驚きが広がった。

映画の製作にフジテレビが関わっていることから、フジテレビへの批判の声も高まっていた。(J-CASTニュースより)

当時映画化に伴って多忙化し、家族で過ごす時間が減っていましたが、原作使用料の額や番宣はノーギャラという話を聞いたご主人は「それはおかしいだろう!」と夫婦仲が険悪となる要因に。

もっとも、一般論として漫画を原作に映画化が行われた場合、原作者である漫画家に支払われる原稿料は100万円~200万円が相場であるそう。

その後の興行収入に応じて成功報酬が支払われる例は少なく、「単行本が売れるからいいだろう」的な扱いになるそうです。

しかし「それって作者や作品に対してどうなの!?」と疑問視していた人が少なくなく、ヤマザキさんの発言がきっかけでネットが大炎上。

フジと直接契約を行っていたのは出版社なので、フジに問題がある訳ではなかったのですが、アンチフジテレビの視聴者も食いつき、かなり荒れたようですね。

その後代理人が間に入って出版社と協議にあたり、問題は解決されたようです。

ヤマザキさんもご主人も「金額が不満なのではなく、十分な説明がなかったことに疑問を感じているのだ」と語っていました。

「大ヒット=大金入って幸せ」では無いのですね。

息子はハーフイケメン!?


ヤマザキさんの一人息子・デルスさん。

イタリア人とのハーフで子どもの頃はこんなにかわいらしい。

そして17歳になった彼がこちら。

出典:facebook

イケメンと見るかどうかは好みによる。

残念ながら最近の画像は見つかりませんでしたが、SNSのアイコンから察するにあまり変わっていないかも。

出典:twitter.com

幼い頃から世界各国を周り、現地の学校にぶちこまれ、たくましい母親に「自由であれ!」と育てられた彼は今年23歳。

ハワイ大学在学中で、交換留学生として京都大学にも通っていました。

かなり優秀だと思われます。

エンジニアを目指しているとのことですが、写真や絵を描くことや執筆も好きだとか。

大人になった彼が両親をどう見てきたのか、今何を思い、これから何をしていくのか、とても気になるし楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ


長文お付き合いありがとうございました。

生き様が濃密過ぎて書ききれないヤマザキマリさん。

掘り下げればいくらでも話題が出てくる方です。

そんな彼女の作品はもちろん気になるし、彼女と過ごしてきたご主人も息子さんもとても気になる。

ヤマザキさんの憧れの方は世界中を旅して回った女性ジャーナリスト・兼高かおるさんです。

気になる方はこちらも見てみてください。

→兼高かおるは現在も「世界の旅」!?お嬢様家系で若い頃の写真が美人!?

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る